ʍoɹɐɥsのブ口グ

ส็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ ส็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ ส็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ ส็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ ส็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ ส็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ ส็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ ส็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ ส็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็็ ส็็็็็็็็็็็

最近感じた債務(負債)

f:id:sharow:20151120094414j:plain

モニターがぶっ壊れた。いいヤツだったよ。まじで、EIZOの10bit出力対応機種だったし。

よくEIZOは5年保証だと売り込んでるけど、実はパネルは3年保証でパネル以外が5年保証という仕組み。今回は3年以上経っていて、修理に出したら壊れた箇所はパネルだという。送られてきた見積書は新品より高い値段なので修理する気ゼロとみた。

ま、それはいいんだけど、PC用モニターは再生エネルギーなんとか法とか資源有効利用促進法とかいうので、捨てる時は粗大ゴミじゃなくて生産者が回収するという仕組みになっている。もちろん有料で、しかも粗大ゴミと違うからメーカーなりメーカーが契約してる団体なりに連絡して回収施設に送らなければならない。めんどくさい。

(ちなみにEIZOはリサイクルシールを購入後に申し込まなければもらえない。申し込むと郵送で2cm画くらいのシールが送られてくる。Appleのラップトップなんかは最初からシールも付いてくるのに、なんでわざわざ?)

これがいままで気付かなかった債務。壊れるまでは自分にとって資産としてしか考えてなかったものが、壊れた瞬間に債務になる、とっても物理な例になった。今回の例だと、普通に有料粗大ゴミとして回収してもらえると思ってたものが、そうじゃなかったという単なる無知によるものだけど、実はこういう無知とか予見不測なケースってけっこうあるのかもしれない。例えば免許とか銀行口座というのは持ってると役立つ資産ではあるけれど、引越し時や紛失時に想定外にめんどくさい債務を弁済することになる。放置するとさらに大きな債務が降りかかるリスクがあると分かってるから弁済する「必要がある」と言っていいほど自己拘束力がある。資産のすべてに債務の面があると想定すると、いままでは資産面しか見えてなかったなぁと思うことがある。

断捨離とかミニマリストみたいのが流行ってる(あるいは叩かれてる)らしいけど、根底にあるのは「永遠に資産ではない」「いつかはゴミになる」っていう当たり前の事なんじゃないかな。さしあたり、うちの所有物・・つまり処分する債務を負っているモノで量的に大きいのは本と・・・うむ、とにかく本だな・・・。